薄毛からの脱出

私には30代後半になる薄毛の兄がいます。
20代の半ば頃より後頭部の薄毛が目立ってきました。
最初は育毛シャンプーを使用して様子をみていましたが、目に見える改善がないまま時が過ぎて行きました。
30歳になる頃には薄毛が進行し頭皮が目立つようになってしまいました。
そこで皮膚科の受診をすすめたところ兄は重い腰をあげ、投薬治療を開始することになりました。
最初の数ヶ月はなかなか変化はわかりにくく、効果が出るまで時間がかかるのかと落胆していました。
しかし投薬開始して半年頃より細い毛髪がじわじわと生えてくる様子が私の目からもはっきりわかるようになりました。
そのうちに目立っていた頭皮は、少しずつ新たに生えた毛髪で隠れるくらいにまで改善していきました。
この頃になると家でも帽子をかぶることの多かった兄ですが、帽子をかぶる時間が少しずつ減っていたように思います。
兄も薄毛の改善を実感して、気にしなくなってきていたのだと思います。
クリニックでの投薬は2年近く続けていたようで、その間は薄毛の進行は止まっていました。
私の感覚では通常の人より少し薄毛かな?というくらいのレベルまで改善していたと思います。
しかし兄は投薬の副作用による影響を気にするようになりました。
一生薬を飲み続けることは嫌だと言い、なるべく自然のまま過ごすことが1番と思っていたみたいです。
兄は投薬治療を思い切って中止しました。
その後徐々に髪はもとの薄毛に戻り、現在では少しずつ薄毛の進行は進んでいくばかりのようです。
以上のことから、私は一般的な市販の育毛シャンプーについては効果を期待していません。
色んな種類を試したわけではありませんが、明らかに効果がわかる商品にはまだ出会っていません。
クリニックでの薄毛の投薬治療に関してはそれなりの効果が期待できるものと思っています。
しかし、薬には副作用がつきものです。
薄毛の進行を止める代わりに、ほかの健康被害の大きなリスクを背負うことにもなります。
兄は結婚してこれから子どもを作ることになるのですが、投薬中は副作用があるので子作りができないということも懸念していましたね。
今後は、子作りを終えてまた投薬を再開するのもひとつの方法ではないかと考えています。詳しく調べたい方はこちら⇒おすすめの記事はこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です